Stirling Soap Co.: “PIACENZA” シェービングソープ&アフターシェーブ

スポンサーリンク

 

Stirling Soap Co.のシェービングソープとアフターシェーブをいくつか買った。Stirling Soap Co.はアメリカの職人系ソープメーカーだが、香りの種類が把握し切れないほどたくさんある。そんな中でも今回はPIACENZAを紹介する。

PIACENZAの説明には「イタリアのピアチェンツァという都市ををイメージした香り」とあったが、イメージがさっぱりわからない。よく見るソープだし、変なものではないだろう。と試しに買ってみたのだ。

Stirling Soap Co.: “ARKADIA”シェービングソープ&アフターシェーブ
前回から随分と時間が空いてしまったが、引き続きStirling Soap Co.のシェービングソープとアフターシェーブを紹介しようと思う。今回はARKADIAだ。 アルカディアはギリシア南部の地域であると同時に牧歌的理想郷の代...

シェービングソープ

Stirling Soap Co.は意外と定番なシェービングソープで、評判もいい。値段もそんなに高くないので、いくつか種類を揃えたくなるシェービングソープだ。

普通の容器に入ってる割にずっしりと重いので、不思議に思ったのだが、よく見たら容量が5.8oz(約164g)と普通のシェービングソープよりも多かった。

系統としては獣脂系のやや硬めのソープである。泡立ちがよく、もっちりとした泡で使いやすい。

シェービングも実に快適でき、保湿力や肌の保護力も高いので、非常に優秀なソープではないかと思う。

他のメーカーと比べると、FineやBarrister and Mannあたりには一歩及ばずといったところだが、香りのバリエーションが強みではないかと思う。

アフターシェーブ

Stirling Soap Co.のアフターシェーブには、ノンアルコールのトニック、バームとアルコールベースのスプラッシュがあるが、紹介するのはスプラッシュである。

アルコールベースのアフターシェーブには保湿力は全然期待していないのだが、Stirling Soap Co.のものは意外と保湿力が高い。冬場は乾燥するかもしれないが、夏場であればこれだけで十分だと思う。

肌への刺激も常識の範囲内といったところだ。基本的にはメントールも含んでいないので、個人的には安心して使える。(公式サイトだとメントールはオプション)

瓶は四角い遮光瓶のものと、ウィスキーの小瓶のようなものがある。おそらく後者が新しいパッケージなのだが、PIACENZAは前者の古いパッケージだった。

香りの持続性は少し短い気がする。

同時に買ったARKADIAと比較

香り

説明文からはさっぱりイメージできなかったが、使ってみて納得がいった。

シトラスがメインの香りで、太陽が降り注ぐ明るい町を連想させる。イタリアなんか行ったことはないが、勝手に想像するイタリアには合致している。

シトラスの他にはフローラルな華やかさ、ローズマリーのほろ苦い甘さと清涼感、アンバーやムスクのセクシーさを感じることができるが、どれもそれほど強くなく主役はあくまでシトラスだ。

ローズマリーのほろ苦さもあり、オレンジとグレープフルーツの中間くらいの香りである。使う人や場面を選ばない香りなので、とても使いやすいと思う。

まとめ

さっぱりイメージのつかない名前のソープであったが、使ってみて「あぁ、なるほど」と思うのは久しぶりで新鮮な気がした。

晴れやかな気分になれる香りなので、梅雨の時期やなんとなく気分が乗らない時によく使っている。

この他にもいくつかStirling Soap Co.のソープとアフターシェーブを買ったが、どれも素晴らしいものであった。今ではすっかり気に入って使っている。

コメント

  1. チプルソの真似 より:

    これどうやって輸入しましたか?

    • たすくSOTD より:

      僕も気になってました。
      是非教えて頂けないでしょうか?

    • suzuki より:

      チプルソの真似さん、たすくSOTDさん、コメントありがとうございます。

      申し訳ないのですが、
      ASの購入先については人に教えることを控えています。

      ただ、検索でヒットするショップで購入したものです。
      発送制限が書いてないところは発送してくれたりしますね。