RazoRock: HAWK (Statin Silver)

スポンサーリンク


すっかり片刃の感触にハマってしまい、RazoRockのHAWKを買ってしまった。家庭内税率100%の身としては、この辺りの価格帯が限度なので片刃のレビューはこれが最後かと思う。

世の中的にはBlack HAWKの方が人気なようだが、個人的にはシルバーの方がいい。

見た目

このホルダーはオールアルミでハンドルを含めて37gしかない軽いホルダーである。RazoRockのホルダーはステンレスのハンドルが標準装備だが、HAWKに関してはハンドルもアルミなのである。

サテンシルバーということだが、あまりサテン感はなく、ほとんど金属感のあるシルバーである。質感としてはピカピカに磨いた1円玉ような感じなので、高級感というものはほとんどなく値段相応というところだろう。

GeneralやEl Jefeのような存在感があまりない、というのが第一印象だ。画像の左がGeneral、右がHawkだ。

Colonial Razors: The General (ヘッドのみ)
今回は両刃カミソリではなく片刃カミソリである。Colonial RazorsのGeneralをうっかり買ったので、どのようなものか紹介しようと思う。 片刃カミソリ 片刃のホルダーにはSchick InjectorやGEMなどいくつか...

使い心地

まずは標準のアルミハンドル+プロフェッショナルブレードで剃ってみたが、軽過ぎて使いにくい。予想はしていたが、37gはさすがに軽すぎである。

同じような重さのホルダーはフェザーのポピュラーであるが、HAWKはややアグレッシブというところなので、力の入れ具合というのが難しく、剃るのが怖くなる。恐る恐る剃ったのもあり、想像していた剃り上がりにはならなかった。

普段はあまり気にしていなかったが、重量感に頼っているところが大きいのだと実感した。だからと言って、軽いホルダーを使って精進するほどの求道者でもないので、標準ハンドルの方は完全にお蔵入りにして、2回目はステンレスハンドルのiKon SEを使用した。

やはり重いハンドルの方が使いやすい。重みが出て、普段と同じように使うことができ、思っていた通りのキレイな剃り上がりになった。

だが、剃り上がりの満足感というところだと、Generalとあまり変わらないので、ヘッドの性能としてはGeneralの方が一歩上かと思う。

先ほども書いたが、肌への当たりはややアグレッシブである。GeneralとEl Jefeの中間といったところだろう。抵抗なく滑るように剃れて、片刃らしい厚めのフィードバックがあり使い心地が良い。

海外フォーラムではプロフェッショナルブレードよりもチタンマイルドの方がいいという評価を良く見たが、個人的にはプロフェッショナルブレードでも問題なかった。もちろん、チタンマイルドでも問題なく剃れる。

まとめ

HAWKは意外と人気商品で在庫切れになることが多いが、入荷の頻度は高い方なので手に入れやすいし、価格も25ドル程度なので、片刃ホルダーに興味があれば手を出してみてもいいだろう。

ただ、ハンドルはおまけ程度の認識で、別のハンドルに替えた方が使いやすいかと思う。RazoRockならハンドルは11.99ドルからあるし、両刃ホルダーも安いものがあるので、別のホルダーと一緒に買ってしまってもいいだろう。個人的にはWeberのクラシックハンドルと合わせて使いたい。

コメント